NASがネットワーク上に表示されないときの対処法、復旧するには?

データ復旧の事例をご紹介します。

 

症状

NASとして使っていたバッファローのLS-CH500Lという製品が、パソコン上で表示されなくなってしまった。

NAS Navigatorというソフトで検索しても出てこなくなってしまった。

 

原因と解決方法

原因は2つの可能性があります。

ネットワークの問題

1つ目はネットワークの問題の可能性。例えばNASに接続しているLANケーブルが抜けていたり、破損している場合や、ハブが故障している場合。パソコンがインターネットにつながらなければパソコン側の問題も考えられます。

切り分けるポイントは

・パソコンがインターネットにつながっているか

→つながっていればNAS側の問題の可能性が高い。

・NASのネットワークに問題はないか

→NASに刺さっているLANケーブルを抜き、パソコンに差し込みパソコンがインターネットにつながればネットワークは問題なし。(パソコンの無線LANをOFFにしてからLANケーブルをさしてください)

 

NASの故障

2つ目はNAS本体の故障です。

今回のお客様はこちらの原因の故障でした。分解し中のHDDを診断したところ、正常にデータが読み込めない状況だったので、データ復旧の作業をさせていただき、別の外付けHDDへデータ移行させていただきました。

 

対策

HDDはいつか壊れてしまうので壊れた時にデータが戻せるということが重要です。

一つのHDDだけに保存していると、復旧できない場合や高額な費用が掛かる場合があります。

どこかに2重に保管しておく必要がありますので、今回は2つの方法を紹介します。

RAID構成対応のHDDを使う

HDDを複数搭載したRAID機能を持つHDDの導入がおすすめです。

同じデータを複数のHDDに自動で書き込んでくれるのでどちらが故障してももう一方のデータが残っていればデータを失うことがありません。

落雷などで同時に故障する可能性もゼロではないですが、データの保管の機能としてはかなり向上するのではないでしょうか?

2~3万円くらいで購入できるものもありますので、コストは外付けHDDよりはやや高いです。

 

クラウドサービスを使う

容量によっては月額や年額でランニングコストがかかりますが、クラウド上にバックアップがあると、どこでもインターネットがつながっていればデータを取り出すことが可能です。

自分の機械が故障してもデータを失うことはありません。

しかし、ID,パスワードがあればだれでもデータを見れてしまうので、情報の自己管理がより大切になる方法になります。