BIOS(バイオス)とは?起動しない時の原因と対処法まとめ

 

 

 

パソコンが起動しないときにメーカーやパソコンに詳しい人から「バイオスは起動しますか」と聞かれることがあります。

突然、そんなことを言われても「そもそもバイオスって何?」ってなりますよね。

ここではそんなバイオス(以後、BIOS)について役割や起動しない時の対処法をまとめました。

・BIOSは何にどう役立っているのか
・BIOSが起動しない原因究明は難しい
・起動しない時の対処法はマザーボード周りが多い
この辺りを解説していきます。

BIOSのトラブルを解決したい人はきっと参考になるかと思います。

 

BIOSとはいったい何なのか

 

まずはBIOSとは何なのかという所から解説していきます。

BIOSとは「Basic Input Output System」の略称で、パソコンのデバイス(キーボードや画面など)を制御するためのプログラムになります。
BIOSはパソコンに標準搭載されており初期設定の段階で適切な設定になっています。

パソコンが正常に起動しているのであればBIOSを意識する必要はありません。

 

BIOSのパソコンにおける役割

このBIOSは上で少し触れたようにパソコンの各デバイスを制御するために存在します。

・各デバイスの正常性診断
・起動するデバイス(HDDやUSBメモリ、光学ドライブなど)の優先順位を決定する
・各デバイスの有効、無効
・日時設定

上記以外にもBIOSの種類によっては様々な機能がありますがここでは割愛します!

したがってBIOSは各デバイスのつなぎ役となり、パソコンを「ただの箱」にしないための最重要プログラムとして大きな役割を担っています。

BIOSが起動しない原因とは

 

BIOSが起動しない原因はおおよそ3つのパターンが考えられます。

・グラフィックボードやメモリの不具合、または接触不良
・CPUやGPU(グラフィックチップ)、チップセットの不具合
・BIOSプログラム更新失敗などによるBIOSプログラムそのものの破損

主にこの3つのどれかが原因になってBIOSが正常動作せず、パソコンが起動しないこととなります。

もちろん、パソコンが正常起動しない原因として、HDD故障やOS不具合も考えられますが、BIOSが原因なのか、それとも別の原因なのかを判別する簡単な方法としては「画面に何か表示されるかどうか」が判断基準となります。

電源は入るけど画面に何も表示されない場合はBIOS不具合の可能性が高くなり、逆にメーカーロゴや何らかの文字が表示される場合はBIOS以外の部分に不具合を抱えている可能性があります。

 

BIOSが起動しない時の対処法

 

BIOSが起動しない時の対処法は大きく分けて3つあります。

・パソコンの完全放電
・メモリ周りをしっかり掃除する
・BIOSのリセット
この3つです。

先ほども触れたようにやる時はいっぺんにやらず1つずつ対処していくようにしましょう。

 

パソコンの完全放電

まずはパソコンの完全放電です。

これはパソコン内の電子回路が何らかの原因により、閉塞してしまい、正常に電気が流れないことがあります。

主な原因は、電子部品の経年劣化が考えられますが、電源ケーブル(ノートパソコンの場合はバッテリーも)を外した状態で10分程度放置することによりパソコン内部の電気が放電されます。

その後、ケーブルやバッテリーを取り付けて電源投入をすると正常に起動する場合があります

 

メモリ周りをしっかり掃除する

2つ目はメモリ周りをしっかり掃除することです。
ホコリが溜っているとその汚れが原因でBIOSが起動しなくなることがあります。

メモリはCPUの近くにあり冷却FANの影響でホコリが集まりやすく、よくある原因の1つになっています。

掃除といってもメモリが装着されたままやるのではなくメモリをマザーボードから取り外し、エアダスターや掃除機のブラシを利用してしっかり取り除きましょう。

メモリの接触不良もよくある原因なので掃除した後はしっかり差し込んで起動しましょう。

 

BIOSのリセット

3つ目はBIOSのリセットです。

BIOSで記憶している設定はマザーボードに取り付けてあるボタン電池を取り外すことによりリセットされます。

※BIOSのアップデートに失敗した場合はボタン電池取り外しによるリセットでは回復しません。

【ここで、注意!】
上述のとおり、BIOSの設定はボタン電池のおかげで記憶されています。

ボタン電池を取り外すことによりすべての情報がリセットされるため、RAID(レイド)と呼ばれる特殊なハードディスク構成やデータ漏えいを防ぐための暗号化情報もリセットされるため、ご注意ください!

お使いのパソコンがどういった構成になっているか不明な場合、BIOSリセットはしないでください。

 

【まとめ】BIOSが起動しない原因はハードウェア不具合

・BIOSは各デバイスを制御するためのプログラムである
・BIOSが起動しない原因は電池やメモリ、ビデオカードの不具合がある
・BIOSが起動しない時は電池交換やメモリ周りの掃除をすべし

ここまでの解説をまとめるとこうなります。
BIOSについて、その故障の原因や対策が何となく理解できたでしょうか?

BIOSはかなり大切なプログラムなのですがあまり一般的に知られることはありません。
その分情報も少なく、対処も難しいのでわからなければ専門業者に任せるのがベストかもしれません!!