403エラーや404エラーなど、主なエラーコードの意味・原因・対処法

 

 

ネットサーフィンを楽しんでいる最中に、突然「403エラー」や「404エラー」というエラーが表示され、Webサイトが閲覧できなくなった経験はありませんか😱?

何度アクセスしてもWebサイトは表示されず、どのように解決すれば良いのか困ってしまいますよね。

エラーページに表示される数字には意味があり、それぞれエラーの原因を表しています!

エラーが表示されても慌てないために、主なエラーコードの意味を把握しておきましょう。

今回は、主なエラーコードの意味や原因、対処法についてご紹介します。

 

エラーコードとはなにか?

 

エラーコードとは、OSやアプリケーションの処理において何かしらのエラーが発生した際に、エラーの種類や原因を表した数字です。

エラーコードにはそれぞれエラーの種類が指定されており、エラーが発生した原因を特定する際に有効な手掛かりとなります。

エラーコードは100番台から500番台まで存在し、中でも400番台と500番台はWebサーバやリクエストに対してエラーが発生した際に返されるコードとして知られています。

400番台のエラーコード

 

400番台のエラーコードはWebブラウザからのリクエストに誤りがあったため、サーバがリクエストを受け取れないことを意味しています。

ここでは、主な400番台のエラーコードについてご紹介します。

【400】不正リクエスト

Webブラウザから送信したリクエストに不正があり、うまく処理できない際に表示されます。400のエラーコードが表示された場合は、別のブラウザで開き直すか、Cookieまたはキャッシュをクリアしてください。

【401】認証エラー

401のエラーコードが表示された場合は、パスワードの入力が必要なWebサイトに対して入力したパスワードが間違っている可能性があります。

 

【403】アクセス禁止

Webサイトを管理している側の意向により、第三者の閲覧が禁止されています。

また、サーバに大量のアクセスがあり、Webサイトが一時的にダウンしている可能性もあります。

時間を置いてから再度アクセスすれば解決することもありますが、いつまで経ってもエラーコードが表示される場合は、Webサイトの管理者に問い合わせる方が良いかもしれません。

【404】指定されたURLが存在しない

Webサイトが削除されている、またはURLが変更されている場合に表示されます!

正しいURLを入力しても削除されているWebサイトであるため、アクセスすることはできません。

【408】タイムアウト

アップロードやダウンロードに時間が掛かり、Webサーバで決められた通信時間を越えた際に表示されるエラーコードです。

408のエラーコードが表示された場合、他のWebサイトには正常に接続できるか、またWi-Fi接続の電波は弱くなっていないかを確認してください。

さらに、一時的にアクセスが集中してネットワークが遅延していることが原因の場合もあるため、しばらく時間を置いてから再度アクセスしてみましょう。

500番台のエラーコード

 

500番台のエラーコードは、Webサーバがリクエスト処理に失敗したことを意味しています。

主にWebサーバ側の問題が原因となっています。

 

【500】Webサーバの内部エラー

予期しない原因によりWebサーバ側がリクエストを実行できない状態にあります!

また、すでに閉鎖されたWebサイトにアクセスした際にもこのエラーコードが表示されることがあります。

【503】Webサーバ過負荷

Webサーバに大きな負荷が掛かっているか、メンテナンス中のため一時的にリクエストを実行できない際に表示されるエラーコードです。

時間を置いてから再試行するとアクセスできることがあります。

 

エラーコードを理解してインターネットを快適に楽しもう

Webサイトを閲覧している最中に表示されるエラーコードは、発生したエラーを解決する際の有効な手掛かりとなります!

エラーコードを全て覚える必要はありませんが、よく表示される主なエラーコードを覚えておけば、エラーが発生した際に迅速に対応することができます。

エラーコードが表示された場合、まずはエラーコードが表している原因を突き止め、的確に対処することが大切です!!