「プログラミング」の「プログラム」とは?

2020年、ついに小学校でプログラミング教育が必修化します!!

高度なIT人材の不足、論理的思考力の育成……など、いろいろな意図があってのことですが、あまりなじみのない方にとっては…
「そもそもプログラミングって何?」
「わが子は授業についていける?」
と不安になるでしょう。

算数や国語と比べると、コンピュータが普及したのはほんの最近のことです。

なじみのない方が多いのも無理はありません。
そもそも『プログラミング』とは何なのでしょうか。

『プログラミング』=「プログラム」を作ること!

『プログラミング』とは『プログラム』を作る作業のことです。

そして『プログラム』とは、簡単にいうと「コンピュータにさせる処理を、順番に書き出したもの」です。

コンピュータは、自分で考えることができません。

コンピュータを動かすには、人間が「まずAをBして、それから……」と命令する必要があります。

 

この一連の仕事の流れを書き出したものが『プログラム』というわけです。

たとえば、一度も泳いだことのない人に「泳いで!」と言うだけではダメですよね。

「まずは右手を前に出して、うしろに向かって水を掻いたら、次は左手を……」と教えてあげなければいけません。

 

「泳ぐ」という目的を達成するために、一つ一つの動きを順番に説明することになります。

人間であれば、なんとなく予想して「次はこうすればいいのかな」と動くことができます。しかし、コンピュータには想像する力がありません。

 

一連の動きを厳密に、コンピュータにも読み取れる形で命令する(=プログラムする)必要があるのです。

身の回りの『プログラム』

そもそも、コンピュータの話に限らず『プログラム』と名のついたものは色々とありますね。

 

入学式のプログラム、運動会のプログラム……などはよく目にする言葉です。

どうしてこれらは『プログラム』と呼ばれているのでしょうか?

たとえば、運動会のプログラムを思い出してみてください。

「1. 開会の辞」「2. 校長のことば」「3. 生徒会長のことば」……など、

 

やるべきことが順番に並んでいますね。

 

「やることを順番に書き出したもの」ですから、プログラムと呼ばれるのです。

「運動会のプログラム」と「コンピュータのプログラム」の違いは、「プログラムに従って動くのは誰?」「どうやって指示をするの?」という二つでしょう。

運動会のプログラムの場合は、プログラムを作るのは先生、プログラムに従って動くのは子どもや保護者です。

一方、コンピュータのプログラムの場合は、プログラムを作るのは人間、動くのはコンピュータとなります。

「どうやって指示をするの?」については、運動会のプログラムの場合は「日本語」ですが、コンピュータは日本語が理解できないため「プログラム専用の言語(プログラミング言語)」で指示を出す必要があります。

スマホもゲームもプログラムで動いている

私たちの身の回りにある機械は、プログラムで動いています。

たとえば、人が通ると点灯するライトは(ごく単純化すると)「センサーが反応したら、ライトをつける」というプログラムで動いています。

 

電気ポットや炊飯器、スマートフォンやゲーム機などもすべてプログラムで動いているのです。

それだけ多くの製品が機械化・自動化されている時代ですから、仕事のやり方も大きく変化してきました。頭を使う仕事は人間、単純作業はコンピュータ、という分業が進んできたのです。

たとえば、電卓が普及するまでは、計算はすべて紙の上で行っていたかもしれません。

 

でも現在、そんなことをしていたら仕事が間に合いませんよね😰

電卓だけでなく、Excelなどを使いこなす必要があるわけです。

子ども達が大人になり、会社で働く時代には、より多くのものが機械化・自動化されていることでしょう!

働く上で、コンピュータに命令したり、コンピュータを使いこなしたりする能力(=プログラミング能力)が必須のものとなってくるのです。

まとめ

ついに必修化するプログラミング教育。

『プログラム』は耳慣れない言葉ですが、いったん理解してしまうと意外とカンタンです。

コンピュータウイルスやインターネットでのトラブルなど、「何となく怖い」と思ってしまいがちなITの知識。

中身が分かってしまうと、意外と簡単なものなのです!

さまざまなものが機械化し、コンピュータを使いこなすスキルが求められる今の時代、プログラミングが必修化するのは無理もないのかもしれません。