自宅のWiFiが遅いときの解決策!

 

 

スマホやパソコンに無線でインターネット接続し、データ通信量を気にすることなくネットを楽しめるおうちのWi-Fi!

とても便利な一方、サイトを見ていて突然速度が遅くなったり、プツッとつながらなくなるなんてことありませんか?

 

原因をネットで検索しても専門的な言葉ばかりが並び、調べるのも面倒くさい、でもなんとかしたい…そんな方も多いのでは?

そこで今回は、専門知識や技術がなくても試せる身近な裏ワザをご紹介。イライラの種を見つけて、遅いWi-Fiをいますぐ改善しましょう!

Wi-Fiとは? 光回線を無線でつなぐネットワーク規格

そもそもWi-Fiとは「無線LAN」の規格のひとつで、無線LAN とは電波を使って無線でインターネットに接続するネットワーク通信のこと。同じ意味で使われることがほとんどで、Wi-Fiは「目に見えない電波」を使ってネット接続しています。

目に見えない電波は、実はすべてがまっすぐスムーズに飛んでいるわけではなく、電波同士の干渉や、家の中での物理的な構造などによって遮られ、通信が途切れたり遅くなったりすることも。

そのため、スマホやパソコンなどWi-Fi対応の機器と親機(モデムやルーター)の距離感や位置関係に注意することが大切です。

 

対策その1:ルーター(モデム)との物理的な距離や遮蔽物を退ける

インターネットにつながりにくい原因の多くは、Wi-Fiの無線LANルーターと、スマホやパソコンなど端末との距離が離れていたり、壁・家具・天井などの遮蔽物が影響しています。

この状態では電波が届きにくいため、無線LANルーターの設置場所を見直すことで電波の状態が改善することがあります。

ルーター設置のポイント
・部屋の隅に置く場合はどちらかの壁から離す
・ガラス扉付きのテレビボードなど、扉があると電波が遮られる可能性あり
・理想的な置き場所はできるだけ家の中央で、周りに壁のあまりないところが最適
・無線LANルーターの設置場所を変えられない場合は「無線LAN中継機」を設置する方法も

対策その2:電子レンジなど家電との電波干渉を回避する

あまり関係のなさそうな家電類が、実はWi-Fiの障害になることも。

ルーターの電波はコードレス電話機・ファクス・電子レンジ・Bluetooth搭載端末など、一部の家電と同じ周波数帯を使用することが多いため、電波干渉を受けてインターネットにつながりにくくなることがあります。

その場合はルーターの電波の周波数帯(チャンネル)を変更するだけで通信状態が改善できることもあるので、試してみる価値アリです。

 

対策その3:通信規格を確認して、新しい機種に変更する

ルーターやモデム自体が旧式の場合、そもそも搭載している通信規格の古さが原因の場合もあります。無線LANには「IEEE802.11(アイトリプルイー802.11)」という通信規格があり、IEEE802.11gだと最大通信速度は54Mbpsですが、IEEE802.11nだと600Mbps、最新規格のIEEE802.11acでは6.9Gbpsとスペックに違いが!

通信規格の記載は機器の本体、または取扱説明書等にあり、見当たらない場合はWebで公開されている機器の詳細ページ等で確認できます。

古い機種の場合は最新規格の機器に替えてしまうのも手です。

 

対策その4:IPv6接続を試してみる

画像:IPv6接続を試してみる

 

上記3つまでを試してもダメだった場合は、新しい通信手段「IPv6」で接続するという裏ワザも。

夜間など、多くのネット利用者が同時接続していて回線が混み合っているような場合は、「IPv6」という新しい接続方法を使い混雑を迂回することでインターネットでの速度改善が期待できるといわれています。

IPv6の利用には通信事業者やプロバイダーでの申し込みが必要ですが、申し込みさえすれば無料で利用できることもあるので、一度試してみてはいかがでしょう。

◆まとめ

Wi-Fiは複雑な部品が組み込まれた精密機器のため、速度が遅いなどの不具合にもさまざまな原因がありますが、大掛かりな修理などではなく、簡単な環境変更や見直しで改善できることも。

ぜひご家庭の環境を確認して、Wi-Fiの最適な改善方法を見つけてください( ¨̮ )