パソコンが起動しない!そんな時!

 

こんにちは!なっちゃんです。

 

今回はパソコンが起動しなくなったときに『誰でもすぐに試せる簡単な対処法を5つ』ご紹介いたします!

 

パソコンの放電を試してみる

 

電源は入るが画面が真っ暗!そんな時は…

1.デスクトップPCの場合は電源コード、ノートPCの場合はACアダプターとバッテリーを外す

2.そのまま数分間放置する(放電)

3.ACアダプタを付けて電源を入れる

【解説】長時間使わない場合など、バッテリーや電源ユニットの劣化などが原因で起動しなくなります。

この場合、放電を行うとまれに起動する場合があります。

キーボードの「F1」キーを押してみる

画面に英語が表示されて進まない…そんなとき!

これを試して見る … F1キーを押す

【解説】内蔵電池やハードディスクの消耗が原因で、このような表示が出て起動しない場合があります。パーツの交換が必要な場合もありますので、起動を確認できた場合も一度、メーカーや修理店にご相談下さい。

Windows を通常起動する

02

「スタートアップ修復の起動」を繰り返すそんな時!

これを試して見る … 二つある選択肢の下を選択!

【解説】Windowsが起動しないとき、修復機能が自動で働くことがありますが、修復に失敗するとそのまま同じ処理を繰り返します。そんな時は、「Windowsを通常起動する」や「前回起動時の構成」を選ぶと起動する場合があります。Windowsの一時的な不具合ですが、機械的な故障が発生している可能性もあります。

電源スイッチの長押しで強制的に電源を落とす

03

画面にカーソルなどが出ているが、先に進まない!そんなとき!

 

1.電源ボタンを長押しして、強制的に電源を落とす

2.もう一度電源を入れる

【解説】 まれに電源が完全に落ちていないため、止まってしているように見えることがあり、電源を一度落とすと起動する場合があります。ただし、強制終了は症状が悪化する場合もあるので、ご心配な場合はこの操作を試さずに一度ご相談下さい。

エラー処理が終了するまで待つ

04

画面に文字が次々に表示されて起動しない…そんなとき!

(表示の例:「Check Diskはファイルを検査しています」「CHKDSK is verifying…」など)

処理が完了するのを待つ(非常に時間がかかる場合があります)

【解説】 文字が次々に表示される場合は、何らかのトラブルがあって、パソコンが自己修復を行っている可能性があります(写真のような表示がでることがあります)。この処理は時間がかかりますが、途中で止めるとまた最初から始まります。

処理が完了すると起動しますが、途中で止まったり、長時間経っても起動しない時は機械が故障している場合が多いです。

 

まとめ

 

パソコンが起動しない原因は無数にあります。

ハードディスクドライブの故障であったり、Windowsのシステムファイルの破損など様々です。

上記の対処法にあてはまらない場合や、起動はするが動作が不安定な場合は修理が必要と考えられますので、リプロまで遠慮なくご相談下さい。