ノートパソコンが充電できない!その原因と自分でもできる対処法|ノートパソコンが充電できないのはなぜ?バッテリー周りの原因5つ!

みなさん
「電源とノートパソコンをつないでいるのに、充電がはじまらない……」
ノートパソコンの場合、充電ができないといずれ止まってしまいます!!

いっこくも早く治したい充電不良😔

この記事では、パソコンが充電できない原因と、その対処法をわかりやすく解説していきます!

 

原因1:ノートパソコンにACアダプタが正しく接続されていない

ノートパソコンを充電する場合、基本的には『ACアダプタ』というコードを使うかと思います。

このACアダプタをつないでもノートパソコンが充電できない場合は、もしかしたらアダプタが正しく接続できていないかもしれません!

充電には正しいアダプタの接続が必須です。

まずは落ち着いて、アダプタがしっかり奥まで挿さっているか、正しい位置に接続されているかを確認してみましょう。

また、しっかり電気が供給されているか、の確認も大切です!

延長コードにプラグを挿したものの、延長コードのプラグが電源とつながっていなかった、なんてこともあります。

まずは基本的な原因から確かめていきましょう。

原因2:バッテリーがノートパソコンに正しく接続されていない

充電不良が起きている場合、『バッテリー』が原因となっているかもしれません。

バッテリーがうまく接続されていないことは、ノートパソコンに充電できない原因にもなりうるのです!

ノートパソコンのバッテリーは、主に底面についています。

このバッテリーは取り外せるものも多く、その接続部分に不良が起きている可能性があります。一度バッテリーを取り外し、数分おいてから接続しなおしてみましょう!

このバッテリーの外すときには、大前提として電源を切っておく必要があります。

同様にACアダプタも外しておくようにしましょう。バッテリーの外し方はメーカーや型番によっても異なるため、取扱説明書などを参照してください!

原因3:ノートパソコンの待機電力が放電されていない

上記のふたつの対処を試してもノートパソコンに充電できない場合は、『放電』がうまくいっていない可能性もあります。

パソコン内に不要な電力がたまり続けると、充電にも影響を与えてしまうことがあります。

この電力の滞留はその他の挙動にも不具合を引き起こす可能性があるため、放電は定期的にしておくとよいでしょう。

また、ノートパソコンの機種によってはバッテリーが外せないものもあります。

そのような場合の放電方法は、メーカー・機種によって大きく異なります。まずは取扱説明書のチェックやメーカーに電話するなどして、間違いのないように放電するようにしてください。

 

原因4:ノートパソコンおよびノートパソコン周辺が熱くなっている

ノートパソコンなどの機器類は、基本的に過度な高温環境にはあまり適していません。

そのため、長時間直射日光に当てていたり、高温の部屋に放置していたりすると、ノートパソコンが充電できない原因となることもあります。涼しい場所へ避難させ、しばらく冷却させましょう!

また、ノートパソコンは使い過ぎでも熱を持ちます。しばらくシャットダウンして冷却することで症状が改善することもあるので、とりあえず一度シャットダウンしてみることは大切です。

 

原因5:寿命・故障

上記までの対処法でなおらない場合は、ノートパソコンやバッテリーなどの周辺機器の寿命・故障である可能性もあります。

ノートパソコンやその周辺機器も機械である以上、どうしても寿命がきます!

正常に動いていた時期よりも明らかに動きが悪くなっていた場合は、寿命の可能性も考えなければなりません。

また、落とした、ぶつけたなど外的な要因で不調が起きている可能性もあります。寿命や故障で不調が起きてしまっていては、パソコンに充電できないのも当然でしょう。

寿命や故障による不調の場合は、基本的に部品の交換が必要となります。バッテリーなどは個別で販売されていることもあるので、不調と思わしき個所があればまずはメーカーや業者に修理に出してみましょう。

 

まとめ

パソコンが充電できない原因には、単純なものから修理が必要なものまで、さまざまなものがあります。

まずは簡単なところからひとつひとつ点検してみて、なおるかどうか試してみましょう。

とくにノートパソコンは熱やホコリに弱いため、日ごろの温度調節や掃除はたいせつです。バッテリーが原因の場合は、交換も視野に入れて点検してみましょう。

 

また、リプロでも対応して可能です!

ぜひご相談ください🥰