【プログラミングの始め方】初心者向けに必要な道具や環境を紹介!

 

今年から必修科目となったプログラミング!

「プログラミングを始めたいけど、どんな準備をすれば良いのかわからない、」
「プログラミングに興味はあるけど、何をすれば良いのかわからないから始められない」

 

プログラミングをこれから始める初心者の方は、いろいろと迷うこともあると思います(  ˙º˙  )

 

今回は、プログラミングを学び始める初心者に向けて、準備する道具や必要な環境、プログラミングの学習方法などについて解説します!!

 

 

プログラミング学習のために最低限必要なもの

まず最初にプログラミング学習のために、最低限準備が必要なものをご紹介します。

 

WindowsもしくはMac

プログラミングは、基本的にパソコンが必要です。プログラミングの目的によってWindowsかMacのいずれかを選択しましょう!

 

Windowsのメリットは、幅広いプログラミング言語やフレームワーク(システム構築のための基盤)が利用できることが挙げられます。

 

Macのほうが適しているのは、たとえばiPhone向けのアプリを作成する場合です。ほかにも、直感的な操作がしやすいことと、Mac本体がコンパクト・軽量であるといったメリットがあります。

 

インターネット環境(Wi-Fiなど)

プログラムのソフトを入手したり、アップデートしたり、作成したプログラムを公開したりするときは、インターネットへの接続が必須です。

Wi-Fiなどのインターネット通信環境を整えましょう。

 

ソフトウェアやエディタのダウンロード

ほとんどのプログラミング言語は、開発環境のソフトウェアやエディタをダウンロードする必要があります。

 

  •  ✓Visual Studio Code
  •  ✓TeraPad(テラパッド)
  •  ✓CotEditor(コットエディター)

 

Scratchなどのビジュアルプログラミング言語は、Webブラウザでそのまま操作ができるものが多いので、使用するプログラミング言語の説明書などを確認しましょう!

 

プログラミング学習の始め方!

 

プログラミングのスキルを高めるための確実な方法は、プログラミング教室に通うことです。

 

プログラミング教室での学習は、ITエンジニアに就職・転職するだけではなく、個人でアプリやWebサイトを開発して公開したり、個人のスキルを高めたりできるというメリットがあります。

また、小学生や中学生のお子さんを持つ方は、ご自身の子供と一緒にプログラミングを学べるというメリットもあります。

 

5GやIoTなど、これから生活のさまざまな場面でコンピュータや情報技術が身近になってくるので、一般知識としてプログラミングのスキルを高めておくことも重要です!

 

独学となると、Webサービスを利用する方法があります。無料でも基本的な部分をしっかり学べるサイトもあるのでぜひチェックしてみてください!

あとは書籍を使った学習です。
オフラインの学習が好みの方は、まず書籍で学んでみてはいかがでしょうか?😌

 

まとめ

プログラミング初学者でも、インターネット環境とパソコンを用意すれば必要なプログラミング言語をインストールするだけでプログラミング学習がスタートできます!

 

大人の方は、今回紹介したテキストやオンライン授業、プログラミング教室などがありますが、子供に関しても同様にプログラミングを学べる環境が増えているので、家族でプログラミングに取り組むのもおすすめです。

 

小学校でのプログラミング教育必修化やIT人材の不足など、社会全体でプログラミング学習熱が高まっている今、やりたいことや希望する能力に合わせて、プログラミングを学んでみてはいかがでしょうか?

リプロでもプログラミング学習を行なっております。体験なども可能なので興味のある方は是非一度リプロへご相談ください😌