サポート終了したOS まだ使える!は危険!?

 

 

 

パソコンやスマートフォンのOSにサポート期間が存在する事はご存じでしょうか?

サポート期間中ならWindows をお使いの方は普段「Windowsアップデート」によりプログラムの更新・修正が行われています。

そのサポート期間を終えたパソコンやスマートフォンをそのまま使用し続けた際にどうなってしまうのか、どのように対処すればいいのかを今回はご紹介いたします。

 

OSサポート終了とは

Windows 7などのサポートが2020年1月14日に終了しました。(「Office 2010」のサポートも2020年10月13日に終了)

OSサポートが終了すると、脆弱性を修正するためのセキュリティー更新プログラムの提供や、仕様変更、新機能のリクエストなど、マイクロソフトのあらゆるサポートが打ち切られるということになります。

では、OSサポートが終了することでどのような危険性が出てくるのでしょうか。

下記で具体的に見ていきましょう。

 

サポートが終了したOSの危険性とは

OSのサポート期限が終了してしまうとセキュリティー更新プログラムが提供されなくなります。それは「OSの開発元として、重大な脆弱性が発見されたとしても、対応しません」ということです。

では、OSの脆弱性が発見されたまま放置されるとどうなるのでしょうか?

 

サポートが終了したOSを搭載したパソコンを家に例えると屋根や、壁面の破損など、修理を必要とするほころびが脆弱性にあたります。

OSのサポートは終了しているので、このほころびは修繕されません。

つまりセキュリティーの穴だらけ、侵入し放題の非常に危険な状態ということです。

また、OSサポート終了後も「まだ使えるから」「もったいないから」と使用し続けるユーザーもいらっしゃいますが、これはすぐにやめた方がいいでしょう。

セキュリティーの穴だらけのOSが入っているパソコンを使っているだけで、悪意のある人の標的にされやすくなり、そのぶんパソコンを守る事が難しくなります。

そのことがきっかけで、個人情報や大切なデータを抜き取られて悪用されたり、周囲の人へ被害が及んでしまうという事も考えられます。

 

安心してパソコンやスマートフォンを使うために

OSのサポートが終了するとそれに合わせて、セキュリティーソフトやその他のソフトウェアも、どんどんサポート期限が切れたOSは非対応になっていきます。

最新の脅威に対抗するための アップデートも受けられなくなりますので、安心してパソコンやスマートフォンを使うためには常に最新のOSを使うことが推奨されています。

現在サポートが終了しているWindows XPやWindows Vista、サポート終了が発表されているWindows 7が搭載されたパソコンをお使いの場合、Windows 10 が搭載されたパソコンへの買い替えまたはOSのアップグレードをおすすめします!