防犯カメラ「赤外線型」

屋外用防犯カメラ等には赤外線を内蔵し、明るいときはカラー撮影、
暗くなると白黒撮影に切り換えて撮影をする赤外線内蔵の防犯カメラが多く発売されています。
赤外線を使用する事により、肉眼では見えない明かりを照射し、
真っ暗闇でも照明をつけているかのように、明るく撮影が可能です。

赤外線カメラ夜間時に赤外線内蔵のカメラと、通常の防犯カメラを比較すると鮮明さは明らかです。

赤外線防犯カメラ(かなり鮮明) 通常の防犯カメラ(ぼやけている)

赤外線型カメラのメリット・デメリット

メリット

ズバリ優れた暗視能力
暗い時LED発光部分が赤く光るので威嚇になる

デメリット

LED部分が赤く光るので、カメラの存在が分ってしまう
赤外線LEDの照射距離には限界があるため、長距離の監視には不向き