防犯カメラ「箱型」

箱型防犯カメラは、カメラを内蔵しているケースが四角い形のタイプです。
大型・中型の箱型カメラは、主に屋外の外壁や駐車場などに設置されることが多く
小型の箱型カメラは、室内用になります
ビル内のお店、銀行や事務所に、天井からぶら下げるように設置されます。

箱型カメラ設置
箱型防犯カメラは、標準レンズを広角や望遠レンズ・ズームレンズに
交換できるタイプが多く、監視範囲をある程度自由に設定できます

撮影画像をハードディスクなどに録画可能なタイプ、さらに音声も記録できるタイプ、
人が近づいたときだけ監視・記録を行うタイプもあります

箱型防犯カメラはいかにも防犯カメラという形なので、
見た目にも存在感があり、「見張ってますよ!」という心理的に威嚇する効果があります。